将来を見据えた故郷での相続相談

相続税を専門に取り扱う税理士は日本にもいますが、相続税に関する知識が豊富にあるところを選択すれば節税対策なども行うことが可能です。実際に相続税は支払い負担が大きくなることもあります。もし総額が大きいと相続税が1000万円を超えるご家庭もあります。1000万円というお金は大金ですが、税理士さんに節税をしてもらうことで、それ以下の値段で相続税を納めることができる可能性があります。

故郷の相続相談を税理士に依頼をすれば、次に発生する相続税を予測して対応してもらうことができます。例えば、ご両親がいる人は父親が亡くなった時に相続税が発生しますが、お母様もご高齢のため病気で亡くなるリスクは低くないでしょう。このようなケースでは二度相続する機会が発生することになります。もし適切に対応しなければ二回目の相続の時に大きな相続税の負担をしなければならない可能性がありますが、将来を見据えた対策も税理士に相続相談をすれば行ってもらえる可能性があります

その他の魅力としては、税務調査の回避やサポートしてもらうことができます。実際に相続税の税務調査は行われていますので税務調査対策をする目的で税理士に依頼する人もいます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket