故郷の相続相談について

相談故郷を持っている人は少なくありません。故郷とは生まれ育った土地のことになります。子供の成人後に家を建てる親御さんもいますが、小さい頃から持ち家で育ち、今でもその不動産を所有している親御さんはいます。もし親御さんがお亡くなりになった時、故郷にある不動産や車などは子供など法定相続人が相続しなければなりません。親御さんが所有していた財産を全て相続する人もいますが、法定相続人が複数いるところでは相続する遺産を分け合うのが一般的です。また、借金なども相続する遺産の一つになりますが、借金を引き継ぎたくない法定相続人は遺産の相続を拒否することもできます。

実際に故郷の不動産などを相続しなければならない人もいますが、初めて相続する人の中には相続の仕方などに関してアドバイスを受けたいと考える方は珍しくありません。日本には故郷の相続相談に乗ってくれる専門家は数多く存在しており、そのような専門家を利用すればアドバイスやサービスを受けることができます。例えば専門家として挙げられるのが弁護士です。弁護士は相続税の節税に関する相談だけでなく相続する際の法定相続人間でトラブルが発生した時も対応してもらうことができます

その他の専門家には税理士を挙げることができます。税理士は税金に関するプロの専門家で相続税に関する相談だけでなく、確定申告なども対応してくれます。実際に税理士に相談を依頼することを検討している人もいますが、そのような方は故郷の相続相談について知っておくと参考にできるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket